アイデア・思考の整理

「すぐログ」はレオナルド・ダ・ヴィンチの思考に近づくポケットノート

投稿日:2017年4月15日 更新日:

想像してみてください。

もし人間の記憶力が今より優れていて、日々の出来事や、頭で思い描いた事、すべてを記憶するとしたらどうでしょうか?

頭がパンクして、何もできなくなりますね。

ドイツのある心理学者の実験によると、人間は記憶したことの40パーセント以上を20分後に忘れ、1日経つと、その70パーセント以上を忘れてしまうことが明らかにされています。 このように、人間の脳はそもそも忘れるようにできています。それがどんなに重要なことであったとしても。ではどうすれば、大切なことを記憶し続ける事ができるのでしょうか?

発見の手帳

1969年に出版された梅棹忠夫氏の著書「知的生産の技術」の中で、レオナルド・ダ・ヴィンチの手帳術に関する興味深い記述があります。ダ・ヴィンチといえば、芸術、科学をはじめ数多くの分野で顕著な業績と手稿を残した人類史上もっとも多彩な「万能人」ですが、梅棹氏の本によるとダ・ヴィンチは常にポケットに手帳を持っていて、なんでもかでもそれに書き込むクセがあったらしい。街で出会った人の特徴や、弟子が購入した品物の値段など、何の役にも立たない内容までとにかく書き込むのだという。梅棹氏もこれに感化され同様にダ・ヴィンチに一歩でも近づくため日々手帳をつけはじめたそうだ。そのノートは「発見の手帳」と名付けられた。

ダイゴー「すぐログ」

この「知的生産の技術」という本をバイブルとして紹介されていたのがステーショナリーディレクターであり文具コンサルタントの土橋正氏。そして氏もまたポケットに常に手帳を忍ばせているという。その記事を読んで早速私も同じ手帳を購入して日々メモをする習慣をつけようと思ったのです。

土橋氏がいつも携帯されていたのは「ダイゴージェットエース」というポケットサイズの手帳。ダイゴーは1945年に創業された老舗の手帳メーカー。ジェットエースは同社のロングセラーアイテムです。

ダイゴー「すぐログ」

ジェットエースをベースに開発された「すぐログ」

コンパクトサイズの手帳「ジェットエース」はズボンのポケットにも入るうえ、手帳にぴったりと収まるミニサイズ鉛筆を標準装備しています。何かメモを取りたいと思った瞬間に即座に取り出し、すぐに書き込むことが可能です。

ダイゴー「すぐログ」

だがひとつだけ不満な点がありました。不満とういうか残念というか、正直に言ってしまうとデザインにどうも古くささを感じてしまうのです。これは趣味の問題であり、レトロといえばそうかもしれませんが、あまり評判がよくありませんでした。

土橋正氏監修デザイン

ダイゴー「すぐログ」

そんな不満を解消するべく、土橋氏監修のもと開発されたのがこの「すぐログ」。基本的な仕様はジェットエースとほぼ変わりませんが、大きく変更されたのは外観。PU(ポリウレタン)というソフトな合成皮革を採用。デザイン面を向上させながらも、これまで通りしなやかにページもめくりやすい。

ダイゴー「すぐログ」

5mmドットタイプが使いやすい

そしてページをひらくと、ジェットエースが罫線だったのに対しすぐログは5mmのドットが使われています。人間の心理上、罫線があると、そのなかにきっちりと書き込まないといけない気がしてしまいますが、5mmドットの場合、一気に書き込み方に自由度が増します。文字サイズも、書き出し位置も、縦書き横書きさえもノートに縛られることがありません。さらに文字情報以外に図形やイラストなど即座に書き込む際にも使いやすい。

ダイゴー「すぐログ」

六角軸のミニ鉛筆もバージョンアップ

さらにこだわりを感じるのは付属のミニ鉛筆。黒い軸にゴールド天冠というジェットエースの昭和スタイルに対し、ナチュラルで木軸感を強調し、天冠部分もシルバーに変更されました。形状も六角軸を採用し、細い鉛筆ながらも握りやすさを考慮しています。

ダイゴー「すぐログ」

小さな思いつきが、やがて大きなアイデアに

私たちの記憶力は頼りないものです。もちろんレオナルド・ダ・ヴィンチもそのことを知っていたのでしょう。日々の発見やアイデアはできる限り記録しておきたい。今は何の役にもたたない小さな思いつきが、やがて大きなアイデアの種となる時があります。

いつでもどこでもポケットにいれて、すぐにログ(記録)することができるすぐログ。ダ・ヴィンチが生きた時代にあれば、彼も使っていたかもしれません。

<製品詳細>
◼️製品名
ダイゴー「すぐログ」
◼️サイズ
90×51mm(中紙)
◼️仕様
内容:5mm ドット
表紙:合成皮革
製本:糸かがり製本
付属品:しおり付き鉛筆
◼️価格
600円(税抜き)
◼️メーカーサイト(外部リンク)
・文具ウェブマガジン pen-info「すぐログ」
http://www.pen-info.jp/library/all/note/20170221_11574.html
・ダイゴー「ジェットエース」
https://shop.daigo.co.jp

※当記事は旧ブログ「きになる文房具」より一部内容を修正し転載しています。

投稿者プロフィール

NAKA(ナカ)
NAKA(ナカ)
未来のこども達に仕事の楽しさを伝えるのを目的に、誰もがワクワクしながら働ける環境を作るのが将来のビジョン。そのために文具を活用して仕事を楽しいものに変換し、その方法を伝えていくのが今のミッション。
仕事効率化を推奨しながらも、実は非効率なアナログ文具も愛する、ただの文具好き。

-アイデア・思考の整理
-, , , , ,

執筆者:


  1. […] 私は記憶力が悪いので、次から次へと忘れていきます!全く自慢にはなりませんが、基本人間の脳は物事を忘れるようにできているのです。以前「すぐログ」の記事内でも少し触れていたのですが、人は記憶したことの40パーセント以上を20分後に忘れ、1日経つと、その70パーセント以上を忘れてしまうそうです。 […]

関連記事

ステッドラー ペンシルホルダー 900 25

書くという行為をシンプルに!考えながら書くためのペンシルホルダー

日本人が文字を学びはじめる時、まず最初に手にする筆記用具といえば鉛筆です。 現在においても、ほとんどの小学校ではシャープペンやボールペンが禁止され、鉛筆の使用が奨励されています。ではなぜ鉛筆が奨励され …

スタビロ BOSS ORIGINAL (ボス オリジナル) 蛍光マーカー

豊かな発色と使いやすさ。そして見ているだけで楽しくなる蛍光マーカー

文章にしるしをつけて目立たせたい時は蛍光マーカーが便利です。資料のライン引きや、重要な部分を囲んだりと、今や誰もが使うであろう定番の文房具となっています。この蛍光マーカーを世界で初めて開発したのがスタ …

三菱鉛筆 UNI 2667 朱藍 5:5

赤青鉛筆の変わらない姿と存在

文房具の中には長い間かたちを変えずに使われ続けているものがあります。しかもヴィンテージや骨董品のようなものではなく、現在も生産され普段使いとして存在しているもの。 もちろん進化を続けているもの多くあり …

やおき工業 はさめるシザーズ HS-125

手帳に挟んで携帯できる極薄ハサミ「はさめるシザーズ」

外出先でハサミが無いっ!なんてことはよくある光景。普段から携帯しておきたいものですが、かさばるものが多いため、筆記具のようにペンケースなどに入れておくのはなかなか難しいものです。 折りたたみ式のハサミ …

プラチナ プレスマン」

一瞬の閃きとアイデアを書き留めるシャープペンシル「プラチナ プレスマン」

ふとアイデアを思いつき、シャープペンシルを手にして慌てて文字を書こうとした時、書き出しから「ポキッ」っと芯が折れてしまった経験はありませんか?これでは一瞬の閃きや、大切な情報を書き留めるタイミングを逃 …