インプット

効率よく無駄のないマーキング作業を実現する「ビートルティップ・デュアルカラー」

投稿日:2017年4月25日 更新日:

コクヨ 2色蛍光マーカービートルティップ・デュアルカラー

皆さんは記憶力に自信はありますか?

私は記憶力が悪いので、次から次へと忘れていきます!全く自慢にはなりませんが、基本人間の脳は物事を忘れるようにできているのです。以前「すぐログ」の記事内でも少し触れていたのですが、人は記憶したことの40パーセント以上を20分後に忘れ、1日経つと、その70パーセント以上を忘れてしまうそうです。

うーん、昨日食べた晩御飯が思い出せないのも無理ありません(笑)

といって開きなおっている場合ではありません!新しい仕事や重要事項、社外での自己学習など、私たちに覚えたいことが山ほどあります。

どうすれば効率的に学習し、重要なことを記憶にとどめておけるか、今回もまた別のアプローチで考えてみたいと思います。

色分け勉強法とは

どんなに記憶力の良い人でも、何も考えずに次から次へと憶えることは不可能です。ではどうやって憶えているのでしょうか?コクヨのホームページに記憶術のスペシャリスト・椋木修三氏による「色分け勉強法」というものが紹介されていましたので参考にさせていただきました。
http://www.kokuyo-st.co.jp/stationery/beetletip/dualcolor/irowake/

やみくもに覚えるだけではなく、色に役割を持たせる

記憶力の良い人は、自分が憶えやすい形に情報を整理するのが上手だといいます。「色分け勉強法」は文字だけだと覚えにくい情報も、色をつけ整理することにより、認識しやすくなり、重要な事柄だけをスムーズに脳へインプットできるようになります。
よく読書やテスト勉強で蛍光マーカーを使いマーキングをしますが、まさにそれです。強調してやみくもに覚えるだけではなく、色に役割を持たせるのです。

ただ、あまりたくさんの色を使ってしまうと、色自体を覚えきれなかったり、マーキングが自体が非効率にとなってしまうので、2〜3色くらいまでが丁度良いようです。

色ごとの役割を決める
ここでは例として、2色のマーカーを使いますが、こんな感じで、まずは色ごとの役割を決めておきます。

 黄色=重要語句
 ピンク=内容説明

文章をよく読みマーキングする
次に文章などをじっくり読み、きっちりと理解した上で役割に準じてマーキングしていきます。ひとつ注意したいのは一度決めた色ごとの役割は変えないことです。どのページでも同じ色、同じルールを心がけましょう。

効率よく無駄のないマーキング作業を実現

ここで是非使いたい蛍光マーカーがコクヨの「ビートルティップ・デュアルカラー」。1本に2色のマーカーを搭載しているので、ペンを持ち替える手間もなく、効率的なマーキングが可能となります。

コクヨ 2色蛍光マーカービートルティップ・デュアルカラー

通常2色以上のペンを使う時は、キャップを開けたり閉めたりしなければなりません。これではかなり非効率な作業になってしまいます。「ビートルティップ・デュアルカラー」のペン先は、その名の通り2つに分れたカブトムシ(ビートル)の角のようになっています。片側の1色を使ったら、くるっとペンをまわすだけで、もう1色ですぐに書き出す事ができる優れものです。思考を止めるこなく、どんどんマーキングしていきましょう。

コクヨ 2色蛍光マーカービートルティップ・デュアルカラー

繰り返し拾い読みをする
マーキングが終わったら、ついここで満足してしまいがちですが、それだけでは記憶を定着させることはできません。きっと20分後には忘れています…。きっちりと記憶するには復習が大事。マークした語句や内容に注目しながら拾い読みを繰り返しましょう。この時に色の役割を意識しながら行うことが重要なようです。

コクヨ 2色蛍光マーカービートルティップ・デュアルカラー

効率よく無駄のないマーキング作業を実現する「ビートルティップ・デュアルカラー」。会議や資料確認など、他にも活用できるシーンがありそうです。皆さんも是非仕事や勉強に取り入れてみてはいかがでしょうか。

<製品詳細>
◼️製品名
コクヨ 2色蛍光マーカービートルティップ・デュアルカラー
◼️サイズ
φ15・131mm
◼️仕様
水性顔料蛍光インク(OA対応) 
材質/軸:R-PP、キャップ:P
◼️価格
150円(税抜き)
◼️メーカーサイト(外部リンク)
http://www.kokuyo-st.co.jp/stationery/beetletip/dualcolor/index.html

投稿者プロフィール

NAKA(ナカ)
NAKA(ナカ)
未来のこども達に仕事の楽しさを伝えるのを目的に、誰もがワクワクしながら働ける環境を作るのが将来のビジョン。そのために文具を活用して仕事を楽しいものに変換し、その方法を伝えていくのが今のミッション。
仕事効率化を推奨しながらも、実は非効率なアナログ文具も愛する、ただの文具好き。

-インプット
-,

執筆者:

関連記事

コクヨ 大人キャンパスノート ドット入り罫線

あなたのインプット作業をサポートしてくれる「ドット入り罫線ノート」

皆さんがノートを選ぶ際の基準はなんでしょうか? 大きさ、デザインはもちろん、紙質や表紙の素材なども重要なところ。そして決め手となるのはやはり用紙のレイアウトではないでしょうか? 横罫、方眼、無地の3種 …